薬剤師募集で応募できる勤務体系  契約社員としての勤務体系


正社員ではどうしても敷居が高いが、正社員に準じたワークスタイルで働きたいと考えている人にとっては、契約社員の薬剤師募集案件に応募してみるのも良いでしょう。契約社員の薬剤師募集案件は、主に病院や調剤薬局を中心に掲載されていることが多いですが、薬剤師募集サイトや紙ベースの求人広告をチェックしてみると、頻繁に目にすることができます。では、契約社員としての勤務体系について、ここでは見てみましょう。

契約社員の場合、ある一定の契約期間を定めて、その期間の中で勤務することになります。大抵の場合は3ヶ月更新なのですが、契約が終了した後も契約の更新をすることは、多くの場合可能です。もちろん、欠勤などが多くなく、業務をきちんとこなすことが前提ですが、有能な薬剤師には是非とも長く働いて欲しいという職場の意図が隠れているのです。契約社員のシフトについては、正社員同様、1日約8時間の勤務がメインですが、職場によっては異なることもあります。また、シフトについては、自分で選べる類のものと、職場で決めるタイプのものとあります。これは契約を行う時に確認しておくと良いでしょう。給与については、有資格の職種で高いスキルが求められるため、他の職種に比べると高めに設定されています。しかし、正社員とは違い、ボーナスは出ません。その分、時給ベースがある程度高くなっているのが契約社員の給与体系の大きな特徴であると考える方が良いでしょう。


PR

メディウェル 薬剤師転職

posted by よっちゃん at 20:54 | Comment(0) | 転職について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。