自動車買取査定での付属品の重要性

自動車には付属品が付きものであり、不足品があると確実に評価は下がります。
取扱説明書、整備記録、純正パーツなどがない状態はいけません。
買取査定での付属品の重要性は、家電製品を売るときとはワケが違います。
純正パーツがないと、数万円も査定額を下げられることもあります。
社外パーツは好き嫌いがハッキリわかれますし、市場の需要は低いのが現状です。
ほとんどの方は純正車両を好むため、自動車買取業者に売るときは純正パーツと交換しておくのが理想です。
交換が難しいと感じたら、付属品として査定のときに差し出しておきましょう。
社外パーツは評価されにくいため、カスタムカーなどを売却するときは改造車両の買取に強い業者に売るのがよいでしょう。

PR
posted by よっちゃん at 15:41 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。